アモバンの代わりはルネスタに決まり!私の中で流行の睡眠薬

睡眠薬の作用

2016年の10月より、睡眠薬であるアモバン、エチゾラム・ゾピクロンを含む商品は薬事法により輸入禁止となりました。
そしてそれらをは個人輸入サイト等で購入ができなくなりました。
これらアモバンなどは、国内でもよく処方されていますし、心療内科や精神科だけにとどまらず、内科や整形外科でもよく処方されています。
大変よく効く薬として皆に周知され人気ですが、このよく効く半面、とても依存性の高い薬なので、デパスの服用を止められない。アモバンを持っていないだけで不安。という依存者がかなり多いです。そして乱用者もかなり多いのもまた現実です。

今回おススメしたいお薬は『ルネスタ・ジェネリック』という依存性のリスクが少ないお薬です。

このルネスタ・ジェネリックは、サンファーマ社が製造している睡眠導入剤です。
症状の軽い方から慢性的な不眠症の方まで幅広く使用されています。
主成分であるエスゾピクロンが脳内のγ-アミノ酪酸を促進させることにより、不安や緊張をほぐしてくれます。そして気分を落ち着かせてくれることで睡眠へと導いてくれるわけです。
また少ない服用量でもしっかりと作用してくれて、長い投与でも依存性の心配は少ないので、安全面においても大変優れています。

ただ、睡眠薬というのは眠れない時には強い味方ですが、間違った使い方であったり自分の体に合わない薬を服用していると、逆に症状が悪化する可能性があり、また日常生活にも危険をもたらす可能性があります。

睡眠薬を服用する前は、必ず効果と副作用の両方をしっかりと理解した上で服用するようにしましょう。
副作用は、個人差があり体質によって変わります。
服用後少しでも違和感を感じたり、いつもと様子がおかしいと思ったら我慢せずに医者に相談するようにしましょう。

これらはインターネットを利用して個人輸入代行会社に頼めば簡単に購入することができます。
あくまでも個人輸入は自己責任となっているので、事前に効果効能を理解する必要があります。